忍者ブログ
だめな大人ですか?いいえ、誰でも。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日のお迎え品たちはこちらー。



楽しみにしておりましたペルソナQと、巷で面白いと評判の難攻不落三国伝!
ペルソナ3と4はすんごく大好きな作品ですけど、格ゲーだったP4Uが正直あまり楽しめなかった(格ゲー苦手な人)ので、その分3DRPGに特化したQはすごく楽しみにしておりました。
3DSということで、キャラのモデリングがなんか可愛らしくアレンジされておりますが、それもまた楽しみですー!

一方の難攻不落三国伝ですが、いつも利用させて頂いているゲームショップ1983さんのブログで製作者さんのインタビューも掲載されていたので、気になっていたのですが、今回縁あってうちの子としてお迎えさせていただけることになりました。
ジャンルはタワーディフェンス!まさにまさかのって感じのジャンルなので、楽しみだなあ。じっくり遊べそうなときにでも追々と始めたいところ。


・・・そう、とりあえず積んでます・・・。




ちょこちょこやってるんですが、まだ終わってなくて・・・(;´∀`)




拍手[0回]

PR

あの夏で待ってる コンプリート DVD-BOX (全12話, 300分) アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]あの夏で待ってる コンプリート DVD-BOX (全12話, 300分) アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]


売り上げランキング : 73163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
嫁と子供がいない日を見はからって、見たかった「あの夏で待ってる」をイッキ見しました。




古くは「ああっ女神さまっ」とか、「おねがいティーチャー」とか、現実にはいないような異世界の美女と普通の少年(青年?)の恋愛って、実は昔からよく見るネタです。
びっくりするくらい美人なのに、どこか抜けていて憎めないヒロインと、男にとって都合のいい展開やラッキースケベがあって、それで最後には元の世界に戻る的な別れが待っていて・・・という、いわば王道展開です。
もはやゾンビ映画並みに形式美を持っていると言ってもいいと思うんですが、「あの夏で待ってる」も、そんな現代版の宇宙人美女との恋愛の王道展開で、最後まで安心してみることが出来ました。

ただ、あくまでイチカと海人が中心ではあっても、きちんと脇を支える友人たちもキャラが立っていて、その辺も見応えがありました。
青春といえば聞こえはいいですが、悪く言えば、しっかり三角・・・四角?関係を築いて、もうみんな恋愛大フィーバー状態。
オマエラ恋しなきゃ死ぬのか!!というくらい始終一方通行の恋愛感情の読み合いが続き、告り告られ振り振られ・・・ふと冷静に戻って見返すと、自分がオッサンになったんだなあと痛感して寂しくなります・・・。

とはいえ。
ラブコメは大好物な方は安心して見られる内容です。12話でしっかりまとまってるので、これからの時期、ちょうど季節も重なるので、未見の方は是非。





あの夏で待ってる 貴月イチカ (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)

拍手[0回]




4月以降、いろいろと仕事の面で環境が変わり忙殺されておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。こんにちは。

写真は、先日開催された窪之内英策先生の個展「まむがや本舗」で、リアフレに無理言って買ってきてもらった複製原画です。

絵を買うのなんて初めてのことだったのですが、大好きな漫画家さんの絵で、しかも御本人が最初で最後の個人開催の機会とか言われてたせいもあり、是非とも欲しかったので、会場にいってもらった友人には、本当に感謝です。(地方ものなので)

受注生産の複製原画は何種類かあったそうで、この絵柄は友人が選んでくれたのですけど、写真で見るより実物はずっと素敵でした!
思わずじいっ…と見入ってしまいます。

とは言え、個展では生原稿が見れたそうで、いつか生で自分作品が拝見できる日が来るといいなあとか無想するのでした。



拍手[2回]




どうもリハビリ的に記事を上げる日々が続いていますが、僕は割と元気です。
てなわけで、最近の多々買い。
A列車で行こう3D、ゴールデンタイムドラマCD、ルクセンダルク大紀行、です。

ちょっと聞き慣れないかもしれない「ルクセンダルク大紀行」は、ブレイブリーデフォルトの関連CDです。
ゲームをする時間があまりとれなくなってきているせいか、めっきり据え置きゲームする機会がなく、もっぱらメインは3DSとPs vitaの両巨頭なんですが、最近ようやく「ブレイブリーデフォルトFtS」の真終章をクリアしたんですよ。プレイ時間は60時間ほど。



ここ最近遊んだRPGでは文句なしの完成度。
シナリオから始まり、デザイン、プレイ時間、音楽、ゲーム性、全てが高次元に組み合わされていて隙がなく、もう、これがファイナルファンタジーでいいよっていうTwitterのTLで見た言葉に大きく頷いてしまう、そんな完璧なゲームでした。
最近遊んだ他のRPG・・・ドラクエ7や新世界樹の迷宮は、決してつまらなくはないけれど、面白いというよりも、ここで辞めるのもなあ・・・というか、最後には若干惰性でやってる自分もいたので、最後までガッツリ遊べた本作は、非常に満足度が高かったわけです。

で、Twitterでおすすめされて、関連CDである「ルクセンダルク大紀行」も買ってみたのですが、これまた聴き応えのあるボーカルアルバムでした。
劇中のBGMをボーカルアレンジされてるだけでなく、エンディングの印象的な楽曲も収録されていて、非常に聴き応えがありました。
キャラクターの思いなんかが歌詞として表現されているので、ゲームの補完的な意味でも役立ちますね。ゲームが気に入った方には間違いなくおすすめの一枚です。




拍手[1回]




ゴールデンタイムの最終巻読了。
とらドラ!の原作者の作品~ってことで、アニメを見始めてはまり、原作に手を出し、アニメのはしょりすぎな内容に驚き、原作7冊+二次元SP、外伝、列伝と読んで、待ちに待ってた最終巻です。


ちなみにゴールデンタイムってこんな内容

・大学が舞台のラブコメ
・主人公「多田万里」は高校の卒業式の夜に事故にあい、それまでの記憶を失った男
・記憶を失った万里は一念発起して大学合格、上京してきた
・そこではじまる輝かしい大学生活のお話
・そして、入学式の日に出会う新たな友達と、完璧な「加賀香子」との出会い・・・
・万里の大学生活には何が待っているのかー!

と、一人暮らし、ゆるい生活、飲み会、花のキャンパスライフなんて、過去の学生時代を思い出してめちゃめちゃ心躍る舞台設定ですw

そういえば、先日はまった「ホワイトアルバム2」も大学編がありました。
ラブコメの王道はやっぱ高校が舞台のものが多いので、大学が舞台のものって新鮮だし、個人的に学生生活で思い入れが一番強いのは大学なので、その辺も気に入った原因かもしれないですね。

で、肝はとにかく、多田万里と加賀香子の恋の行方なわけです!!

オッサンが書くとキモいけどね!でもね、気になるのよ、こーこちゃん大好きだから!!


そう。
加賀香子の愛すべきキャラのおかげで、ここまで突っ走ってこれました。
見た目完璧、でも中身はポンコツっていう設定はまあおいとくとして、ひたむきな恋愛観が人間離れしていて清々しいんですよ!!

万里大好き!万里愛してる!

その若かりし頃の過ち()に一歩間違ったら成りかねない状況を突っ走ってく疾走感がすごく好きです。

でも、7巻の終わりに、あまりにも唐突に、終わりの予兆が訪れて・・・。



変なのでしょうか。
主人公とヒロインがイチャラブしてるの大好きですw

こんなに幸せな二人がハッピーエンドで終わること以外は許されない!
だって、これはラノベだもん!
と、せめてラノベの世界だけでは、ひねりもへったくれもなく、めでたしめでたしで終わるような、そういうスーパーエンドであってほしい自分がいるのです。


で、またされた8巻。

もんもんですよ。

絶対万里と幸せになってくれないと納得いかねえ!
リンダ?はあ?そんなモブキャラはほっとけ!(ぉ

で、読み終わった8巻。




とりあえず・・・・よかった・・・(ホッ


そんな感じでした。
展開的には満足でしたが、(以下ネタバレのため反転)香子が一度、万里を諦めようとする展開は、狙ってるのかもしれないけれど、なにか腑に落ちなかったです。
綺麗事で嘘っぱちでも、どんなときも、何があっても、ひたすら真っすぐに万里を信じてあげて欲しかったなあ。
忘れなかったら、もう二度と離れない、なんて、辛すぎるだろうがっ!(反転ここまで)

とにもかくにも、月末のvita版ゲームとアニメの完結をゆったり見れるのは、まだ黄金色の青春は終わったわけではないということ!

まあ、なにはともあれ、よかったよかった。



拍手[0回]


再開する・・・と、いいつつ、もにょもにょしているうちに日々はすぎる。




むう。

最近、流行に乗って「艦これ」を始めました。
なんか流行ってるというのは噂だけは聞いていたものの、実際どんなものなのかもわかっておらず。

「赤城」とか「蒼龍」とか「式波」とか、どっかで聞いたことがあるよねーとか、噂には聞いてたんですけど、いざやってみようと思ったら「基本無料のブラウザゲーム」だったり、「DMM.com」だったり「人気がありすぎて(?)新規ユーザー制限が行われている」と、驚きの連続。

で、案の定、やりたくてもできないのならしょうがない・・・ということで、半ば忘れていたところに、仕事でたまたま東京ビッグサイトにいく用事がありまして。

で、また幸か不幸かその日が人生初ビッグサイト、そしてよりにもよって仕事とは全く別の催しで「艦これ」の即売会のイベントがやってたんですね。

で、すんげえ人なの。
東京もんには普通なのかもしれないんですけど、あんな糞でかい会場に人がたくさん。
これ、全部艦これ好きか!と思ったらなんか衝撃的で。
いよいよどんなものか本気で調べてみようってことで、後日TwitterのTLを追ってみると、どうやら公式で新規ユーザー登録のタイミングを告知しているっぽいと。

割合あっさり知ることが出来たので、タイミング合わせてチャレンジしたら、これまたあっさり登録できてしまい。
あれ?なんだ、簡単に始めれたじゃんと、いそいそと開始。

で・・・



気が付くとそれ以来、まともにゲームしてるの艦これだけという始末です・・・(ぉ




なんだろう。
男の子ってみんなミリタリーなものって、やっぱり心の奥底では好きなんだなって。
ちなみに自分のお気に入りの艦娘は彼女。




加賀さんです!(*ノェノ)キャー



何で好きかって?



「ゴールデンタイム」の加賀さん大好きだから!!(笑)

ここ数年見たアニメで一番好き。人においそれとおすすめできないけれど、大好きです!
円盤買っちゃってるしね!!(ぉ







拍手[0回]